日中科学技術交流協会は、第2次大戦が終って間もない1950年代から日中間の学術交流の復活を目指して努力した先人達の手で1977年に創設されました。その目的は日中間の科学・技術の分野での互恵の交流・協力を定常的に推進する事にあります。
 日中間の往来が今日のように自由でなかった設立当初は、基礎科学の分野の交流に重点を置き、中国科学院をカウンターパートとして多くの交流事業の実績を積み重ねてきました。基礎科学のみならず技術や産業の面でも日中間の交流が活発となり、合弁企業の設立や現地法人による生産が日常的な営みにまでなった今日、協会の役割も徐々に変化しつつあります。

 1985年11月15日に開催された第10回総会において「協会の事業をより積極的に推進するために公益法人化を目指すこと」が決議され、法人化の努力がなされてきました。近年、一定の資金がなくとも設立できる「特定非営利活動法人(NPO法人)」の制度も設けられたため、当協会も本NPO法人化を目指すことになりました。

 2005年10月28日の臨時総会で、特定非営利活動法人化の方針をお認めいただきました。2006年4月20日附けで東京都の認証を得ることができ、2006年5月2日、東京法務局に法人設立登記を申請して、当協会の法人化が実現しました。2006年6月30日に開催されました第33回総会において、任意団体日中科学技術交流協会は解散し、新たな特定非営利活動法人日中科学技術交流協会に移行いたしました。

 私どもは、1977年の設立の精神とその歴史と伝統を基盤に、新しい時代の変化に対応して、新しい切り口で、新しい特定非営利活動の理念を加味し、広く日中両国民に役立つ事業活動を行っていく所存です。

 日中間の科学技術交流に関心・関係をお持ちの方々のご協力・ご支援をお願い申し上げます。

                                理事長 有山正孝




戻る
2006年9月25日更新